六本木のオフィスビルに移転しました

本格的に移転を考える

しかし、数々の危機やトラブルを乗り越えながらここまで業務を続けてこられたことは、自分達にとってとても喜ばしいことだと思っています。
最初は赤字ばかりだった事務所も黒字になり、従業員ボーナスを出すこともできるようになりました。
協力会社や関連会社も増え、クライアントが訪れてくれることが増えたのも嬉しいことです。
そこで私と友人はかねてからの夢だった移転について、本格的に考えることを決めたのです。
場所はもう決まっているので、あとは物件を探すだけです。
実際に物件探しを始めてみるとさすがと言えるような家賃に躊躇はしたものの、ここで移転を決めることができればもう一段階成長できるような気もして決行することを決定しました。
もしもやってみてだめだったらまたもとの町に戻ればいい、もしくは最初からやり直そうと心を決めてのことです。
私達が気に入ったのは小さなオフィスビルの一室で、賃貸物件として複数のフロアの借り上げが可能となっていました。
これまでのビルにはなかった給湯室もついていますし、ゆったりと高い天井は圧迫感がなく居心地がよさそうです。
窓から見える街並みは落ち着いていて、ここならば楽しい気分で働くことができると考えました。

「六本木のオフィスビルに事務所」が独立するときの夢 / 本格的に移転を考える / 思い切って良かった。天国のようなオフィス